新着情報

◆2014/10/03
導入の前に知っておこうの情報を更新しました。
◆2014/10/03
会社概要の情報を更新しました。
◆2014/10/03
サイトマップの情報を更新しました。

導入の前に知っておこう

キャプチャ12以前はウォーターサーバーというと公共の場所での使用が多かったのですが、近年一般家庭への導入が増えてきています。
その需要に伴い今では多くの業者が取り扱いを行なっており、結構身近な品物となっています。
ウォーターサーバーの設置を考えている人も少なくないかと思いますが、導入前にメリットとデメリットをしっかり理解しておくことが肝心です。
キャプチャ9
まずメリットについてですが、一つ目に水の安心性・安全性が挙げられます。
また、水道水よりもおいしく、臭さもありません。
それならペットボトルの水でもいいんじゃないの?と考える人もいるでしょう。
その点が二つ目のポイントなのですが、ウォーターサーバーの水は宅配してもらえるので、ペットボトルを買う手間や重い思いをして持って買える必要がないのです。
三つ目のメリットとして、冷たい水だけでなくお湯もいつでもすぐに飲むことができます。
赤ちゃんのいる家庭では赤ちゃんが急にミルクを欲しがった時などでも、粉ミルクに冷水と温水を混ぜ合わせて溶かせば適温のミルクがすぐに作れるのです。
料理や炊飯に使うという家庭も多く、おいしく出来上がるといいます。
キャプチャ17
では、デメリットはどうでしょうか。
最初に、水代は水道水はもちろんのこと、スーパーなどで売っているペットボトルの水とも比べると割高になってしまうようです。
次にサーバーは電気で動いていますから、冷水や温水を作るため月1,000円ほどの電気代が掛かります。
さらに、ウォーターサーバーの設置場所が必要です。
サーバー自体はさほどの大きさではないのですがそれなりのスペースは必要ですし、前述したように電気を使用するのでコンセントの付近への設置を要します。

サーバーの衛生面を心配する人もあるようですが、この点は定期的なメンテナンスをする業者がほとんどなのでそのような会社を選べば問題ないでしょう。
以上がおおよそ考えられるウォーターサーバーのメリット、デメリットです。
これらを考慮しながら、導入を検討してみるといいでしょう。